忍者ブログ
いろんなこと書く場所
[109] [108] [107] [106] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

洋ゲーにちなんだ話ですが、色んな場所でよく目にする
少し極端な意見について書きます。

≪『洋ゲー神。和ゲーは糞。』≫
 ニコニコなどを見ているとよくコメントで流れてきたり、youtubeでも
 コメント欄に書かれていたりしますよね。
 主なのは『和ゲーはいつまで美少女とイケメンがイチャイチャする
      ゲームを作り続ける気だ?』とかです。

確かに、日本はそういうの多いです。
それに、そういった内容で今まで売れて来ました。

ストーリーを重視し、込められたメッセージをゲームを通じてプレイヤーに
訴えかけるのは決して間違いではありませんし、ストーリーはゲームの中で
重要な要素の一つであることも非常に多いです。

ならば、なぜ『洋ゲー神、和ゲー糞』と言う者が現れるのか。

それは、現在の和ゲーは比較的ストーリーに寄りすぎてしまっている傾向に
あるからだと俺は考えています。 

その結果、いいストーリーができても演出やゲーム的な面白さに欠けやすく
なり、映画なのかゲームなのかビジュアルノベルなのか、よくわからないものが
できてしまいます(某ゲームはそのストーリーですら大コケしたようですが)。

それらの作品を見て誰かが言ったのでしょう。
『和ゲーって洋ゲーと比べるとクソだよな』

では、これらの問題をどうするか。
一番の方法は【ゲーム自体が面白くなるように工夫すること】です。
ごく普通で、最も単純ですが、以外にこれを忘れてる会社は多いと
思います(いくらかの会社は気づいているようです)。

当然ながら洋ゲーがすべて神であるわけがないし、あちらも日本同様
似たり寄ったりな内容のものも多いです。
もちろん、和ゲーもすべてが糞なわけがありません。
面白いものはやはり面白いです。

話がこんがらがった長文失礼いたしました。

以上です。
PR

コメント
無題
まあ、確かにねぇ・・
最近のゲームはどれもこれも萌え要素とか豪華声優とか・・・
単純にゲームを楽しみたい人に取ってはいらない要素ですよ・・

昔のスーファミ時代のゲームはそういう無駄な要素が無くてすごく良かったのに・・

ムービーとか多すぎると「早く本編やらせろ!」とイライラしちゃいますね。

もしかして、ゲーム会社の方が「萌えを入れれば問答無用で儲かる!声優使えばキャラソン作って儲かる!」みたいな勘違いをしているのが問題なんでしょうかね?

萌えブームは是非とも去って欲しい物です。
【2011/09/01 21:15】 NAME[ユツォル] WEBLINK[URL] EDIT[]
無題
>ユツォルs
お久しぶりです。最近顔を出せず申し訳ありません。
ところで、萌え要素っていうのは昔からあったんだと思います。ただ、それを全キャラ、ストーリー全体、世界観全体に浸透させてしまったがために、薄っぺらい作品が意図せず量産されたのかもしれませんね。

コメントありがとうございました。
【2011/09/01 22:36】 NAME[3t(管理人)] WEBLINK[] EDIT[]
ゴキブリダムの戦い2
う~む…現在ネズ郎から情報を聞いて隠し通路を探してるとこなんですが…隠し通路がみつからなくて…なんかヒントを!
【2011/10/16 18:09】 NAME[WP] WEBLINK[] EDIT[]
無題
>WPs
ネズ郎から隠し通路の話を聞いた後、ネズ郎のいるエリアの西側(画面左側)にある部屋の中の、不自然な出っ張りの間に立ってみてください。
【2011/10/17 00:28】 NAME[3t(管理人)] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/25 みすぺよ ]
[03/30 3t(管理人)]
[03/29 花]
[03/28 削除]
[01/18 3t(管理人)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
3 t
年齢:
22
HP:
性別:
男性
誕生日:
1994/08/07
職業:
専門学校生
趣味:
絵、ゲーム、パソコン
バーコード
ブログ内検索
P R